支払いについて

クレジットカードの利用

脱毛サロンでのプラン申し込みの場合、申し込みをした時点でお支払いとなります。

そこでサロンによって支払い方法が違うので覚えておきましょう。

 

まず銀座カラーでは現金、分割払い、各種クレジットカードが使えます。
ですが3万円以上のコース契約の場合は金利手数料を負担してくれます。
ミュゼではクレジットカードでの分割になります。
自社ローンなどはありません。
脱毛ラボは現金払い、クレジットカード払い、銀行払いがありますがローンが組めるのでローンを利用するほうが頭金や手数料がかからないのでお得です。
ジェイエステも現金、デビットカード、各種クレジットカード、ローンなどを扱っていますので状況に合わせて選ぶことが出来ます。

 

脱毛の申し込みコースのほとんどが数万という金額になりますのでどうしてもクレジットなどになってしまう傾向があります。
ただ、利用するサロンによっては金利手数料がかかってしまうサロンもありますので、手数料の事なども含めて支払い方法は検討したほうが良いという事になります。

 

現金払いと分割払いはどちらの方が割安なのか?
現金払いと分割払い、あるいはカード払いしようかと迷うこともあるのじゃないでしょうかね。どっちが妥当なのかは通うお店に応じて異なってきます。
サロンが違えば現金払いを行うと、ポイントが付与したり彫金が割引されることもあるんです。
分割払いを選ぶ際に忘れないで欲しいのですが、分割払いは脱毛エステがタイアップしているローン会社を介して貸付にするものなのです。
なので利子が発生してしまうケースもあるそうなので、表示価格以上に多く支払う結果になるのです。
確かに、金利手数料が0円だとすれば表示料金だけの支払になるはずです。
しかし、後日支払いが出来なくなって契約解除するケースでは、サロンと融資を組んだ会社の2つへ連絡する必要があることから、相当手間が掛かることになるでしょう。
カード決済の場合では、ローンやリボ払いに切り換えることなどもできます。
全身脱毛みたいに数十万円のプランについては、カード会社側より確認のTELが来るかもしれませんが、心配せずに脱毛サロンで契約を交わしたことを申し出ください。

期間や回数

電話で説明

脱毛をするために何回かサロンに通うことになるのですが、大体、どのぐらい通えばいいの?と思ってしまいますよね。

ムダ毛の状態や個人差で違いが出てしまうのですが、大体、脱毛サロンの光脱毛の場合は毛の周期にあわせて脱毛していきます。

 

成長期と呼ばれる毛が生えてきている時期に施術をすると光が当たって毛根に作用して抑毛効果が出てきます。
なので休止期の毛には効果が無いということです。
なので理想は毛の生え変わる周期にあわせて2ヶ月から3カ月おきぐらいに施術してもらうのが良いということになります。

 

そして施術する回数ですが自分がどの程度までムダ毛をなくしたいかという事になるのです。
大体、2回か3回完了した時点で毛が細くなりますし、量も減ってきます。
6回ほど終了したあたりでは自分での自己処理をする人はいなくなるぐらいになりますが、完全に毛がなくなっている状態ではありません。
完全に毛がなくなるまで脱毛したい!という場合は12から18回ぐらい通う人もいますので参考にしてみてください。

関連ページ

脱毛サロンの乗り換えるときのコツ
今通っているサロンから別のサロンへ変えたいと気はどうすればよいのでしょうか?損をしたり後悔したりしないための賢い乗り換え術とは。
ステロイドを使っていると脱毛サロンはNG
ステロイド服用している時、塗布中の場合だと原則として脱毛エステサロンだと施術ができないのです。ステロイドって光を取り入れ易い特性を持っていて、皮膚への衝撃の心配があるためです。
脱毛サロンの掛け持ちは
二つ以上の脱毛サロンを同時に利用している人も中に入るのですが、これは実際のところメリットがあるのでしょうか。
接客で注意したいこと
脱毛サロンを選ぶときに料金や通いやすさばかりに目が奪われてしまいがちですが、そこの接客態度も大切な目安となります。